ケアマネマーblog

介護や雑記のブログです(^^

ケアマネ残酷物語

こんにちわ(^^ ケアマネジャーのマーです。

普段、居宅介護支援事業所でケアマネジャーという仕事をしています。

今回はケアマネしていて大変だったお話しを紹介します💦

ここに出て来るおじいちゃん、おばあちゃんは過去に僕が体験した夏の夜の怪談より身の毛もよだつ人達でした。

 â 

 

目次 :

 

1) サイコパスおばあちゃん

 

・見た目はニコニコ♪

まだまだ元気なおばあちゃんでした。ただ脳梗塞があり、左半身に少し麻痺が残っていました。初めて会った時はニコニコしながら話をされるので「優しそうなカンジの人だなぁ~」と思いました。ただ一点、その時に同席した長男のお嫁さんはどこか表情が暗く、言葉少なめ...今、思えばその時から恐怖は始まっていたのです...

 æãã¦è°ãæãã人ã®ã¤ã©ã¹ãï¼ç·æ§ï¼

 

・利用1回でデイサービス変更

とりあえず近所にあるデイサービスを週2回の利用からサービスを始めました。そのデイーサビスにした理由は「近所の仲の良い人が利用しているから」でした。そしてデイサービスに1回行った後から恐怖は始まりました。お嫁さんから電話があり、「あの...おばあちゃんがデイーサビスの変更したいと言っているんです」と。その日僕は特に予定がなかったので、すぐにおばあちゃんの家に。おばあちゃんはニコニコしながら「やっぱり他のデイサービスがいいわ♪」との事。理由を聞いても「気持ちの問題だから」の一点張り💦

綺éºãªé«ªã®ã¤ã©ã¹ãï¼ãã°ãããï¼

なのでデイサービスの職員に連絡し話を聞くと、どうやら仲の良かった近所の人がデイサービスで他の人と仲良くしていて自分とあまり話をしてくれなかったらしく、その事に腹を立てた様子...子供かよ💦とりあえず1日しか行ってないので、通っている内に馴染んでくるのでは?とおばあちゃんを説得しましたが違うデイサービスが良いの一点張りなので近所にあるもう一つのデイサービスへ。

 

・魔の連絡地獄

é»è©±ãããã£ã¦ããé»é»è©±ã®ã¤ã©ã¹ã

それから一か月でなんと3回もデイサービスの変更💦その度にお嫁さんから電話の嵐💦基本的にサービスプランを変える時にはサービスを開始する前に自宅で担当者会議&契約を行わなくてはいけません。一か月で3回も会議をしました💦よほど身体状況に変化がない限りは一人の人がそんなにプランを変えることはありません。そしておばあちゃんはいつもニコニコ...さすがサイコパス💦こっちの都合なんでおかまいなし。無言で「それがあなたの仕事でしょ」と言われてる気がしました。そしてそのおばあちゃんの性格を知っている嫁は毎回、会議に参加されますが終始うつむき加減。言葉も発しません。声を聴くのは電話口から「おばあちゃんがサービスを変えてほしいと...」の時だけ。普段の生活想像したらお嫁さんが気の毒に思いました💦

結局その後もおばあちゃんは何度もデイサービスを変え、その地域のデイサービスではそこそこ名の知れた人物になり、最終的には市をまたいだ所にあるデイサービスに...そこもいつまでもつのやら...あの時期は事務の職員からの「〇〇さんのお嫁さんから電話です~」が恐怖でした💦

 é»è©±å¯¾å¿ã«è¿½ãããä¼ç¤¾å¡ã®ã¤ã©ã¹ãï¼ç·æ§ï¼

 

2) プライドおじいちゃん

 

・元一流企業の24時間働けますか戦士

ããæ°ã«çãã人ã®ã¤ã©ã¹ãï¼ç·æ§ä¼ç¤¾å¡ï¼

次に紹介する人は少し認知症のあるおじいちゃん。現役時代は大きな企業でバリバリ仕事をしていた企業戦士との事。初めて会った時からとにかく圧が強く、マウンティングを取りたがる人でした💦

 è¦æãªç·æ§ä¸å¸ãææ¢ãã人ã®ã¤ã©ã¹ãï¼ç·æ§ï¼

 

・反省文書いてこい!

ケアマネの仕事にモニタリングと言う業務があります。月に一回自宅を訪問し今現在利用している介護サービスが適切かどうかを確認します。その日はおじいちゃんの家に行く前にモニタリングが2件あり、時間が詰まっていました。おじいちゃんの家に遅れそうだったので事前に「すいませんケアマネの〇〇ですが、今日のモニタリングですけど10分~15分ほど遅れます」と奥さんに電話連絡しました。そして到着し玄関を開けるとおじいちゃんは仁王立ちで「なぜ時間に遅れた!どういった仕事の仕方をしてるんだ!」と、隣近所に聞こえる様な大きな声で僕を罵倒💦

é åºãããã®ã¤ã©ã¹ã

挙句の果てには「来月、訪問に来る時になぜ今日遅れたのか反省文を書いて来い!」との事💦事前に遅れることを連絡してたと釈明しても「わしの若い時は時間に遅れるなんてなかった!もし遅れてくるヤツがいたらそんな会社とは契約しなかった」など、延々と企業戦士時代の話を聞かさせました💦そんな調子なので、デイーサビス行っても職員に偉そうに当たり職員からもブーイングの電話が何度も掛かってきました。

é»è©±å¯¾å¿ã«è¿½ãããä¼ç¤¾å¡ã®ã¤ã©ã¹ãï¼ç·æ§ï¼

結局次の月に反省文を書いておじいちゃんに提出。訪問したらすぐ「反省文書いてきたのか?」と聞いてきた。(認知症になっても、そういう事は覚えてんだな~)と思いました。結局このおじいちゃんも何度もデイサービスを変わる事に💦なんとも大変なおじいちゃんでした💦

 

まだまだエピソードはあるのでまた書こうと思います💦