ケアマネマーblog

介護や雑記のブログです(^^

有料老人ホームの孤独死について思うこと。

先日、兵庫県の有料老人ホームで、90代のおじいさんが孤立死したという事件がありました。この事について僕が思う事を書こうと思います。
mainichi.jp

 

このニュースを聞いて驚いたのは、

「なんで有料老人ホームで!?」と思いました。

以前、このblogで高齢者施設の事を書きましたが、

有料老人ホームには、

介護付き有料老人ホーム

住宅型有料老人ホーム

の2種類があり、どちらにも共通しているのは24時間常時職員が在中している所です。

www.ma-blog.net

 

ニュースの内容でしか分かりませんが、お亡くなりになった方は、施設には入所していたが、炊事、洗濯などの日常生活は自分でされていたとの事です。

それを聞いた時には単純に「介護保険を利用しなくても入所できるんだ」と思いました。

 

軽費老人ホームの間違いでは?

 

そもそも僕の認識の中では自宅での日常生活が困難な為に有料老人ホームに入ると言う認識があり、現に僕の担当しているおじいちゃんおばあちゃんも何人か住宅型有料老人ホームに入所しています。

いずれも病気や認知症のため、在宅での生活の継続が困難だから入所しています。常時職員がいるので何か特変があるとすぐに対応してくれます。

でもこの事件のあった施設、介護付か住宅型かは知りませんが、介護保険を利用しなくても入れるって所に始めは驚いたんです。

介護保険で介護サービスを利用していたら、

例えば週に3回ヘルパーを利用していれば2日に1回はヘルパーの介護士さんと顔を合わすので、例え部屋で倒れていても分かるはずなんです。

約2週間も亡くなったことに気づかなかった。しかも有料老人ホームで...と考えた時に、頭の中でクエッションがいっぱいでした。

 

当初は軽費老人ホーム(ケアハウス)と間違えているのかな?と思いました。

軽費老人ホームは比較的日常生活が自立しているおじいちゃんおばあちゃんが比較的安価な値段で入れる高齢者施設です。

入所後、病気や高齢で、日常生活に介護の支援が必要になってもそのまま入所し続ける事が出来る施設なんです。

www.sagasix.jp

 でも報道やネットのニュースを見ても有料老人ホームと言っていたので、ホント単純に驚きました。

 

発見が遅れた要因

 

報道によると、本人と連絡がつかなくなった家族が心配して、施設に安否確認をして欲しいと連絡があり発覚したみたいです。しかも死後約2週間...。

逆を言えば家族が連絡してきたから2週間で見つかった様なものなのかと、思いますが、やはり何故ここまで発見が遅れたのかが引っかかります。少し僕も考察してみました。

 

要因1:契約の中にそもそも安否確認があったのかどうか

そもそもこの有料老人ホームへの入所の際の契約時に、介護保険を利用しない。あるいは自立して生活できる入所者の安否確認をどうするのかと言う説明があったのかなかったのかがギモンです。

仮にあったのなら純粋な職務怠慢だと思うし、なかったのならこれはこれで凄く怖いと僕は思います。

今回、この方がこういった形でお亡くなりになり世間に大きく報道されましたけど、

それ以前まではこういった自立して生活している入所者の安否確認をしていなかった

事になるからです。仮に後者だとしたらホントに考え方を改め再発防止を徹底しないといけない。

 

要因2:本人が安否確認を拒否。

男性の高齢者って認知症になっても自尊心やプライドって結構最後まで残っている人が多いです。会社でバリバリ働いてた。家では大黒柱の旦那さんだった。

みたいな昭和気概の人は話してみると分かるけどプライド高いです。

今回お亡くなりになった入所者の男性がもし

 

「安否確認なんかせんでもいい!わしはまだまだ一人でなんでもできるんじゃ!」

 

と、入所の際の契約時や、入所して職員に怒鳴ったのかもしれません。ただもしそうだとしたら職員間で話し合わないといけない事案だと思います。本人がいくら安否確認を拒否しようと90歳という高齢(入所時はもっと若かったのかもしれませんが)なので、いつ何が起こるか分からない。そんな事は介護の知識なんかなくても分かりそうなものです。

 

もしかしたらそれ以外の要因もあるかもしれませんが、いずれにしてもこの施設で働く職員の意識が低かったんじゃないかと思わざるえません。

 

介護以前に意識の徹底

 

僕は今、ケアマネとして働いていますがそれ以前は特養・デイサービスで介護士として働いてきました。なので現場の介護士が大変なのもよく理解しています。ただ、安否確認なんか介護以前の問題。ヒューマンエラーの様な形でお亡くなりになった報道があったのは同じ介護職の人間としては寂しいなと思いました。

 

高齢者は単純に僕たちより寿命が短いです。

自立した生活できていても、骨もスカスカで身体機能も僕たちよりも低いです。今日できたから明日もできるとは限らんです。

 

å­¤ç¬æ­»ã®ã¤ã©ã¹ã

 

高齢者をただただ労わるだけじゃなく、

そういった当たり前の意識を常に持った方がいいと僕は思います。