ケアマネマーblog

ケアマネの仕事や介護保険関連の記事を書いてます(^^

運転免許証の返納問題

こんにちわ(^^ ケアマネジャーのマーです。

普段、居宅介護支援事業所でケアマネジャーという仕事をしています。

今回は高齢者の免許証の返納問題についてお話しします。

é転å許証ã®ã¤ã©ã¹ãï¼ãããããï¼

 

目次 :

 

1) 社会問題

 

TVで連日報道されてます

 
池袋での凄惨な交通事故がありました。
尊い二人の命が失われました...
加害者は80オーバーの高齢者であり、
本人は「ブレーキがきかなくなった」と供述したらしいです。

f:id:ma-km:20190903130827j:plain

 

この事故に限らず、全国で高齢者の交通事故が問題になっています。
事故の経緯を聞くと
「アクセルとブレーキを間違えた」
「ブレーキがきかなくなった」
と言われます。
高齢になると元気な様でも、
身体機能・認知機能の低下が顕著になってきます。

f:id:ma-km:20190903131424j:plain

 

家族が心配して免許証を返納する様に本人に促しても、

自分はまだ大丈夫!

大きなお世話だ!

é åºãããã®ã¤ã©ã¹ã
 
と、頑として家族の意見を受け入れない高齢者もいます。
僕が担当ケアマネとして関わったケースをこれから紹介します。

f:id:ma-km:20190903132703j:plain

 

 

 

 

2) 僕が担当した事例

 
Aさんと出会ったのは、今から3ヶ月ほど前。
病気で退院する際に介護サービスを利用するとの事で担当する事になりました。

f:id:ma-km:20190821105115p:plain

 

Aさんの身体状況

 
病院からの退院前には、退院前カンファレンスという会議が開かれます。
本人が今どんな状態か。自宅に戻ってどの様に生活するか等を
病院の医療関係者や僕たちケアマネや介護サービス事業者、
本人・家族も交えて話し合います。

f:id:ma-km:20190904092726j:plain

 

カンファレンスの数日前に、僕は本人と家族には病院に面会に行き挨拶をしていました。自宅に帰ってからどういう生活がしたいのか。リハビリ運動をを頑張るのか等、

色々と本人と家族と相談しました。

 ãçºãããä»è­·ãã¦ãã女æ§ã®ã¤ã©ã¹ã

帰ろうと病室を出た所で、

奥さんと娘さんに呼び止められました。

「実は、夫にはこの入院を機に本人には免許を返納してもらいたいと思っているんです」との事。

f:id:ma-km:20190904094316j:plain

 

Aさんは今年で79歳。最近の高齢者の交通事故を見て家族としても心配で本人に言ってみたらしいんですが、本人は頑なにNO

 

免許証を返納したくないAさん

 
 さて、話を退院前カンファレンスに戻ります。
免許返納に対して、本人と家族での意見の相違があり...
心なしかその日のカンファレンスはおもた~く感じました...
今現在のAさんの身体状況の確認や、自宅に戻ってからの介護サービスの利用等は決まってますが...やはり肝心要の部分がうやむやなままだからですね💦 

f:id:ma-km:20190904193029p:plain

 

3) 返納したくない心理

 

Aさんは若い時からトラックの運転手をしていました。

f:id:ma-km:20190905115811j:plain

 

働いていた時は大きな事故はなく、定年まで働き、

定年後は保育園の送迎バスをやっていました。

f:id:ma-km:20190905120111j:plain

 

運転手としての自分の人生

 

 Aさんの人生は正に運転ドライバーとして歩んだ人生でした。

本人のアイデンティティは車であり、免許証だったのです。それが今回、体を壊して入院した事を契機に「家族から免許証を返納しろと言われた」と、後に本人は言っていました。

Aさんは今年で79歳。認知症はなく「自分は免許の更新に行ってもまだまだ更新出来る」と言われます。今現在75歳以上の高齢者は免許センターで「認知機能検査」を受けるのが必須になっています。

www.npa.go.jp

 

僕も今のAさんの状態であれば認知機能検査にも通るし、免許も更新できると思いましたが、高齢であり体をこわして入院したAさんを心配して免許を返納する様に言った家族の気持ちも分かりました

f:id:ma-km:20190905233806j:plain

 

社会との繋がりが絶たれる

 

免許を返納しない人たちの理由として 


・自分の運転技術に自信があり免許返納は必要愛と思っている

・免許を返納すると身分を証明するものがなくなる

・買い物や外出時に困る 

 

と言った声が良く聞かれます。

Aさんにとっては免許証は社会との繋がっていられる唯一のアイテムだと僕は思います。 

f:id:ma-km:20190905235135j:plain

 

 

 

4) ケアマネが出来る事

 

Aさんの立場になって ケアマネとして何ができるか?を考えました。

f:id:ma-km:20190903133506j:plain

 

本人の要望を介護サービスで補えるか

 

Aさんは要介護1で介護サービスを利用できます。本人が望む事を介護サービスや地域の社会資源で補えないかをまずは考えました。

f:id:ma-km:20190906100749j:plain

 

「免許証がないと買い物や病院の受診に行けない」

Aさんは高齢であり、確かに車が無いと外出などの移動には困ると思います。

なので...


買物→訪問介護(ヘルパー)を利用する・地域の移動販売を利用する

病院への受診→介護タクシーを利用する

 

ここで提案した地域の移動販売とは、毎週決まった曜日に家の前まで販売に来てくれる「とくし丸」の様な移動スーパーです。

www.tokushimaru.jp

 

介護タクシーに関しては以前blogで書いてますので良かったら参考にして下さい。

www.ma-blog.net

 

家族にも協力を

 

 Aさんが免許を返納したくないのは自分にとって免許証は社会との繋がりであるという気持ちです。こればかりはいくら介護サービスが充実しようと難しいと思います。

強制的に「免許証を返納しろ!」と言った所でムリですよね。北風と太陽です。

å風ã¨å¤ªé½ã®ã¤ã©ã¹ã

 

大切なことは本人が免許証が無くても安心して在宅での生活が出来ると言う気持ちになる事じゃないかと思います。その意識に至るにはケアマネだけの力では無理です💦

何より一緒に生活している家族や周りの協力が必要になってきます。

こうすれば大丈夫!本人は必ず免許証を返却します!

なんて攻略方法はありません。免許証を返納したくない高齢者の心理は一人一人違います。その人の気持ちを理解し、

・なら僕(ケアマネ)はこう提案してみよう

・家族からはこうアプローチしてみよう

を繰り返して行う事が少なくとも僕は一番の近道だと思います。

f:id:ma-km:20190906104349j:plain

 

少しずつでも本人が免許証を返納しても安心して在宅で暮らせる様に、

少しずつでも高齢者による凄惨な交通事故が無くなる様に、

運転免許証の返納問題に対しては考えて行かなければいけないと思います。

f:id:ma-km:20190906105537j:plain

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^