ケアマネマーblog

ケアマネの仕事や介護保険関連の記事を書いてます(^^

担当者会議って?

こんにちわ(^^ ケアマネジャーのマーです。

普段は居宅介護支援事業所でケアマネジャーという仕事をしています。

今回は担当者会議についてお話しします。

 Ã£Â±Ã£Â¢Ã£Ã£Ã£Â¸Ã£Â£Ã£Â¼Ã£Â®Ã£Â¤Ã£Â©Ã£Â¹Ã£Ã¯Â¼Ã§Â·Ã¦Â§Ã¯Â¼

 

目次 :

 

1) 担当者会議ってなに?

 

担当者会議の前に

 
介護保険で介護サービスを利用する手順です。
 

①介護保険の申請

f:id:ma-km:20190912094835j:plain

  

②認定調査を受ける & 主治医に意見書を書いてもらう✎

f:id:ma-km:20190912095218j:plain

www.ma-blog.net

  

③要介護認定が下りる

f:id:ma-km:20190831144124j:plain

   

 ④サービス利用開始

 ãªãããªããã¦ããè人ã®ã¤ã©ã¹ã

 

簡単に書きましたがこの手順で進みます。

担当者会議はサービスを利用する前に行う会議です

順番としては③→④の過程で担当者会議を行います。

f:id:ma-km:20190821113043j:plain

 

アセスメント & 契約

 
デイサービスでも福祉用具でも介護保険で介護サービスを利用するのならば必ず担当者会議を行います

f:id:ma-km:20190912104257j:plain

 

その前段階で家族やケアマネと相談して
「なんのサービスを利用するか」
「どのくらいのペースで利用するか」
「どこの事業所を利用するか」
「いつから利用するか」
これらの具体的な話を進めて行きます。
これをアセスメントと言います。

f:id:ma-km:20190912110647j:plain

 

利用するサービスが決まると担当者会議を行います。
基本的に会議の場でサービス事業者との契約となりますが事前に契約しておくケースもあります。

f:id:ma-km:20190806214658p:plain

 

会議は利用者の自宅で行います🏠

 
担当者会議は入院していて自宅にいない等の特段の事情がない限りは自宅で行います。
本人以外に身内が同居しているのであれば、出来るだけ会議に参加してもらい情報を共有してもらいます。ただ仕事の関係とかの都合もあるのでムリな時は不参加でも構いません。

f:id:ma-km:20190912114149j:plain

 

ただし特段の事情がない限り本人には必ず参加してもらいます
ベテランのケアマネによると以前は本人不在でもOKだったらしいんですけど、今は本人同席でないといけないみたいです。

f:id:ma-km:20190826131844j:plain

 

 

 

2) 日程の調整

 

利用してるサービス業者に連絡

 
利用するサービス、会議の日時が決まったらサービス事業所へ連絡します。
「〇月〇日に自宅で担当者会議をします」って言う連絡調整を行います。
例えば
「訪問介護」
「デイサービス」
「訪問看護」
「福祉用具」
「介護タクシー」
を利用しているのなら各々の事業所に会議の日程を連絡します
利用している数が多ければ多いほどケアマネの日程調整も大変になります。

f:id:ma-km:20190913093006j:plain

 

参加できない事業所には必ず照会をもらう

 
 中には参加できない事業所もあると思います。そういう事業所には照会状を書いて送ってもらいます。照会状とはそのサービスを利用している時の本人の心身状態やサービス経過等で気になった事を書いてもらいます。

f:id:ma-km:20190913094612j:plain

 

訪問介護や訪問看護等の訪問系のサービスはシフトで動いているので忙しくて担当者会議に参加できない事は良くあります。なので普段から事業所と連絡を取り合い本人のサービス利用中の状態を聴いておくのも大切だと思います。

é»è©±ãåãã¦ããç·æ§ä¼ç¤¾å¡ã®ã¤ã©ã¹ã

 

3) 色んなケースの担当者会議

 

 ここではどんな時に担当者会議を開くのかを紹介します。

20190725100042

 

初めて介護サービスを利用する時

 

要介護認定を受け初めてサービスを利用する際には必ずその前に担当者会議を行います。

f:id:ma-km:20190914101218j:plain

 

介護保険更新の時

 

正確には介護保険証の更新の時に担当者会議を行います。介護保険証には有効期間が定められていて、保険証に表示されています。

20190517152318

 

新たに別のサービスを利用する時

 

例えば福祉用具で歩行器をレンタルしてて「来月からデイサービスを利用したい」と、新しいサービスを利用する時には担当者会議を行います。

f:id:ma-km:20190914111331j:plain

 

サービスの利用回数を変更する時

 

「デイサービスを週2回から3回にして欲しい」

「ヘルパーを週4回から週2回に減らして欲しい」など、

サービスの利用回数を変更する時にも担当者会議を行います。

サービス回数を変更する際には身体の状況の変化家庭環境の事情等、

なぜ利用回数を変える事になったのかの根拠をプランに明記する必要があります。

f:id:ma-km:20190914123348j:plain

 

カンファレンスと同時に担当者会議

 

 病院から退院する時に介護サービスに変更がある時は、退院前に病院でカンファレンスがあるのでそこで一緒に担当者会議を行います。

f:id:ma-km:20190914132856j:plain

 

これ以外でも「僕の私の地域ではこういう時にも担当者会議をしてます」って言うのがあれば教えて下さい。

f:id:ma-km:20190914133238j:plain

 

 

 

4) 軽微な変更

 

ここまでくると「サービスを変更する為に担当者会議しないといけないのか~」と思うでしょうが、担当者会議をしない場合もあるんです。

æãæ£ãæã£ãå士ã®ã¤ã©ã¹ã

 

利用日と利用時間の変更

 

「デイサービスの火曜日の利用を、木曜日に変更したい」

「訪問介護の10時~11時を、13時~14時に変更したい」

などの今現在利用しているサービスの場合は担当者会議を行わず軽微な変更で処理します。

軽微な変更とは担当者会議を行わずケアプランの書面の利用計画を変更します。

f:id:ma-km:20190915124610j:plain

 

担当者会議の意義

 

担当者会議を行う理由はその人に関わるすべての人が支援の為に情報を共有すると言った目的があります。家族だけで介護を負担するのではなく、主治医・ケアマネ・各サービス事業者でその人の支援、その人の家族の介護負担の支援を行う事がケアマネジメントであり、その過程の担当者会議は重要な意味を持っていると僕は思います。

f:id:ma-km:20190915125454j:plain

まとめ

・新たな介護サービスを利用する前に担当者会議を行います

・会議の日程調整はケアマネが行います

・色んなケースの担当者会議があります

・担当者会議をを行わず軽微な変更で処理する場合もあります

・担当者会議は、その人を支援する人たちの情報共有の場でもあります

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^