ケアマネマーblog

ケアマネの仕事や介護保険関連の記事を書いてます(^^

8050問題

こんにちわ(^^ ケアマネジャーのマーです。

普段は居宅介護支援事業所でケアマネジャーという仕事をしています。

今回は8050問題についてお話しします。

 Ã£Â±Ã£Â¢Ã£Ã£Ã£Â¸Ã£Â£Ã£Â¼Ã£Â®Ã£Â¤Ã£Â©Ã£Â¹Ã£Ã¯Â¼Ã§Â·Ã¦Â§Ã¯Â¼

 

目次 :

 

1) 8050問題とは?

 

引きこもりの50代

  
 8050問題とは「両親が80歳代で、引きこもる50代が増えている問題」です。ネットでも問題になっていますが身近にそういう人がいないと中々実感がないと思います。

f:id:ma-km:20191013125138j:plain

ケアマネしてると大体70歳~80歳の高齢者を担当します。
その時にジェノグラムと言うものを作成するんですね。ジェノグラムとはその担当するおじいちゃんおばあちゃんの家族構成の事です。

 「ジェノグラム」の画像検索結果

 
こんなカンジで作成します。例えばこの家族で言えば、
本人と妻、子供は長女と長男と言う風に作成されています。ここから
「同居しているのか」
「同居していない家族は市内に住んでいるのか」
「本人に何かあった時に連絡が取れるキーパーソンは誰か」
等々、こと細かに 本人に携わる周りの人を表にして作成します。
それ以外にも本人の主治医や利用している介護サービス等も作成し周りにある社会資源を書き出したりするんです。
20191009204943
 
このジェノグラムを作る際に息子や娘の話になると口が貝の様に閉じてしまう場面もあったりします。
「いやぁ...一緒には住んでるんですけど...」
「同居しているけど何をしてるのか分からない。働いてるのかどうか...」
こんなケースの家があります。よくよく聞いてみると子供が引きこもりなんて事はあります。

f:id:ma-km:20191013130726j:plain

 

50代の引きこもりの数

 
50代の引きこもりと言っても全国でどの位いるのかを調べました。
今年の内閣府が調査した「40歳~64歳の引きこもりの数」によると、
全国で613,000人いるという発表がありました。そしてこの数は毎年伸びている傾向にある様です。

 

 

 

2) 引きこもりの背景

 

引きこもりになる要因

 
上記のソースにも掲載されていますが引きこもりになる要因を上げてみたいと思います。
 
1)退職を機に引きこもり
職場での人間関係や仕事のキャパシティ等、根が真面目な人程悩んで精神疾患になったりして会社を辞めて引きこもる傾向があるみたいです。
20190928140546
 
2)人間関係を機に引きこもり
上記の1にもありますが、身近な人・会社の上司等の人間関係に悩み人間不信に陥り引きこもりになる傾向があります。

f:id:ma-km:20191014143807j:plain

 

3)病気を機に引きこもり

上記以外にバリバリ仕事をしていて、周りとの人間関係も良好な人でも病気を機に引きこもりになってしまう事もあります。

f:id:ma-km:20191014144319j:plain

 

就職氷河期

 
 中高年の引きこもりには就職氷河期が少なからず起因しているとの事です。最近で言えばリーマンショックの時の不景気での就職難民がありましたが、この就職氷河期に自分の思うような仕事に就けなかった世代が、今現在の自分の姿や思い通りにならない社会、抑圧される人間関係等に押しつぶされて...ってパターンが多いとの事です。

f:id:ma-km:20191014144748j:plain

 

3) 僕の見た8050問題

 

担当してるおばあちゃんの娘さん

 

以前に僕が担当していたおばあちゃんのAさんは83歳で要介護1。

初回面談の時に家族構成について聞きました。

・夫は数年前に他界

・子供は2人で長男と長女

・長男は県外に住んでおり50代

・長女は一緒に住んでいて40代後半

僕は同居している長女に会わせてほしいとAさんに言うと

「娘は長い事、部屋に閉じこもっていて人と話すのが難しい」との事。

 

 ケアマネしてたらこんな風に引きこもってる中年がいる家族に出会うケースって多々あります。Aさんはが自分の年金から娘の生活費も出しているので介護サービスの利用も少しで良いと言われました

f:id:ma-km:20191015210259j:plain

 

オリラジのあっちゃんがYouTubeの動画で説明している様に僕も年金は長生きした高齢者の保険だと思っているので、本人の年金に頼るのはいかがなものかと思います

www.youtube.com

 

家族も交えて話し合い

 
明らかにAさんの生活は困窮していて、このままでは2人の生活は破綻すると思ったので、Aさんと何度も話をして生活保護を申請する事に。同時に県外の長男に連絡し事の経緯を説明。後日長男も交えて話をしました。

f:id:ma-km:20191015211837j:plain

結果、Aさんは県外の長男の家で同居する事になり長女は持病の精神疾患もあり、しばらく病院へ入院する事になりました。
Aさんが県外に行った時点で担当からは外れたのでその後、長女さんがどうなったかは分かりません...この時は長男が協力的な人だったので生活保護を申請する事もなく話が前に進みましたがケアマネしてると色んなケースがあります。

f:id:ma-km:20191015212808j:plain

 

 

 

4) 市町村の対策

 

専属機関があります

 

岡山県総社市は全国に先駆けて引きこもり支援センターを立ち上げ、引きこもりサポーターや家族会などの活動をしています。

www.sojasyakyo.or.jp

 

難しい現状

 

 しかし中には無理やりの自立を家族や周りから促され、結果訴訟に発展しているケースもあります。

www.fnn.jp

 

「引きこもりの人に寄り添う・何とか自立して欲しい」と言う気持ちは大切ですが、高齢者の介護と一緒で、一見同じような悩みでも背景も違えば支援の対応も違うと思います。難しいです💦

出来る事は市の区のサポート支援に相談して孤立しない様にサポート支援する事からかなぁと思います。自信をもって「引きこもりの人にはこうすれば良い!」とは現段階では僕には言えません。

www.mhlw.go.jp

 

まとめ

・現在約61万人の中高年の引きこもりが日本では確認されています

・引きこもりになる要因は人により様々です

・ケアマネしてたら中高年の引きこもりは肌で感じます

・家族での支援が難しいのなら、全国にあるサポート支援に相談して下さい

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^